レザーのジャケットの手入れ

レザージャケットやレザーライダースジャケットはファッションにインパクトを与えるという意味では是非1枚は持っておきたいアイテムです。しかし、レザーライダースジャケット、レザージャケットは手入れが大変そうだな~と考え、欲しくても我慢してしまう人も多くいらっしゃると思います。しかし正しい手入れの仕方を知っておけば、レザーライダースジャケット、レザージャケットを買うのは全くもって怖くありません。手入れの仕方を知っておけば、オシャレを存分に楽しむことができます。例えば出かけ先で雨で濡れてしまうということもありますが、そういう場合はレザーライダースジャケット、レザージャケットを乾いた布で水分をできるだけ吸い取って、形を整えることが大切になってきます。なぜなら革は濡れるとカビが生えやすくなってしまいますし、レザーライダースジャケット、レザージャケットの形がくずれやすくなってしまうのでそれは防ぎましょう。水分を十分に吸い取ったら、風通しが良い日陰で干しておきましょう。そしてレザーライダースジャケット、レザージャケットが半分乾いたかなという頃に専用のオイルをぬって、再び乾かしておくのがベストです。またもしカビが生えてしまった場合にはレザーライダースジャケット、レザージャケットを水で濡らしてからかたくしぼった布を使ってまずカビを拭き取ります。そして濡れた時と同じように風通しが良い日陰で乾かします。そして干した後にレザーライダースジャケット、レザージャケットに専用のオイルを塗ってまたしばらく干したらこれで完了です。あと気になることといえば、レザーライダースジャケット、レザージャケットを着ない時期のことですね。しまう前に乾いた布でホコリなどをきちんととっておきます。汚れがついてしまっている場合は水で濡らしてかたくしぼった布でそっと拭き取ります。布は柔らかいものが良いです。そしてレザーライダースジャケット、レザージャケットに専用オイルを塗り、形を整えてから風通しの良い日陰で保管します。注意しなければいけないのがホコリがつかないようにとレザーライダースジャケット、レザージャケットにビニールをかぶせてしまうことです。これは絶対にしてはいけません。カビが生えやすくなります。と色々書きましたがそれらだけに注意しておけば、また来年もその翌年も長い期間で自分流レザーライダースジャケット、レザージャケットを楽しむことができるのです♪