革文化とその歴史が今日に至るまで

レザージャケットやレザーライダースジャケットはアメリカ先住民のレザー文化とも言えます。自らのサバイバルの為に自然の恵みを無駄なく最大限に生かすことから生まれたのがレザー文化なのです。彼らはバッファローの革をマントにしたり、鹿革をレギングなどに利用したりしました。自動車や自転車が登場する時代になるとこれらの需要は減少してきました。バイク乗りのファッションについてはウェアというよりも手や足を守るギアが広がりを見せました。革の足のサポーターやレザーキャップ、レザーグロブ、レザーパンツなどです。飛行機の登場により、フライトジャケットと呼ばれる機能性を主に重視したジャケットが登場し、これらもバイク乗りには使われ定番化していきました。さらに1930年代にレザーライダースジャケットが登場します。これは今現代に通じるライダースジャケットなのです。ライダースジャケットは通信販売により爆発的に人気がでて一気に普及していきました。その後一時的にレザージャケットは低迷してしまいますが、現代においては良質な革の安定供給と健全なマネージメントとマーケティングよりレザーライダースジャケット、レザージャケットの需要はさらに拡大しています。今では革素材のものが沢山ありますが、元々は人が生き抜くために自然の恵みとして使われていました。それが今日まで文化として引き継がれてきているのです。最近では合皮等のレザーライダースジャケット、レザージャケットが沢山市場に出回っていますが、本格的な革のレザーライダースジャケット、レザージャケットには沢山の利点もあります。値段は高価なものが多いですが、この文化を知った上で様々な革素材のレザーライダースジャケット、レザージャケットを見てみるのも面白いのではないでしょうか♪